当院の考え|川西市で内科をお探しの方は、高血圧・糖尿病・高尿酸血症・インスリン治療が出来る『あさくら内科クリニック』までご相談ください。

川西市で内科をお探しの方は『あさくら内科クリニック』

0727941205

診療時間 8:45~12:00 / 16:00~19:00
休診日 木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

当院の考え

院長がインタビューを受けました

当院の考え

朝倉院長は、糖尿病や内分泌系疾患に関する専門医の資格をお持ちですが、治療に対する考え方をお教えいただけますか。

当院の考え

当院に来られる患者さんは、糖尿病をはじめとしたいわゆる生活習慣病と呼ばれる病気を抱えておられる患者さんが多いです。
糖尿病の症状を軽くしたり、あるいは悪化させる原因の多くは日常生活の中に潜んでいます。
そのため、治療を行うにあたり、患者さんの食生活や仕事スタイルといった日常生活を知ることを最も重視し、食生活をはじめとした生活の改善アドバイスをさせて頂いております。

もうひとつ、この地域のかかりつけ医としての役割も大切にされていますね。

この場所で開業して3年になりますので、当院周辺地域に住む皆さんのかかりつけ医としての役割も意識するようになりました。糖尿病で来院される患者さんはもちろん、ご家族の方も気軽に体調や症状に関する相談をしてくださることも増えてきましたので、今後もさらにご家族全員の家庭医としての役割を担っていくつもりです。

糖尿病治療の基本は、ライフスタイルに合わせた食事改善

糖尿病の治療においては、食生活の改善が重要な役割を担うんですね。

糖尿病治療の基本は、ライフスタイルに合わせた食事改善

糖尿病治療の根本は食事です。
最適な食事指導を行うため、患者さん一人ひとりの生活における価値感を知ることを大切にしています。

患者さんがご高齢でひとり暮らしだと、つい食べ過ぎたり、食事が偏ったり、高カロリーな食事になりがち、という話を聞きます。あさくら内科クリニックでは、どのように対応されているんでしょうか。

糖尿病治療の基本は、ライフスタイルに合わせた食事改善

まず食べた内容を3日分記録していただき、食生活を修正するアドバイスを行います。
ここで重視するのは、実践可能なアドバイスを一緒に考えること。糖尿病の治療は長期にわたるケースが多く、理想論や押しつけのアドバイスでは受け入れてもらえませんし、長続きしませんからね。

つまり『一緒に考えること』がポイントなんですね。

現在の生活に根ざしたアドバイスを意識しています。
例えば、糖尿病の薬で食前に3回飲むべき薬がありますが、今のライフスタイルが一日2食の患者さんもおられます。
ライフスタイルに合わせて薬を変えたり、規定通りに服薬してもらえるように、生活に合わせた飲み方をアドバイスしたり。一人ひとりの生活スタイルを大切にしながら、糖尿病と上手に付き合う方法を一緒に考えています。

川西市内で数少ないインスリン治療可能な医院

川西市内の病院には、糖尿病専門医が非常に少ないんです。それでも、インスリン治療というと自己注射の必要がある患者さんもいますし、糖尿病専門医にかかる方が良いですよね。

川西市内で数少ないインスリン治療可能な医院

最も注意が必要なのは、病気や体調不良で食事しない場合です。

日常生活にイレギュラーな事態が発生した時に、薬を飲むべきか否かの判断に対し、適切なアドバイスができる体制があるかどうか。インスリンの過剰摂取や摂取不足は重篤な事態を招く可能性がありますから、糖尿病専門医に掛かることをおすすめします。

アドバイスや相談体制が糖尿病患者の方々には重要なんですね。

インスリン注射を行うべきかどうか迷ったら、すぐに電話で相談してもらえれば、適切なアドバイスを行える体制を整えています。些細な日常変化で病状が悪化するリスクが高まるのが糖尿病ですから。

糖尿病専門医が少ないということは、栄養相談ができる医院も少ないんですね。

糖尿病専門医が少ないということは、栄養相談ができる医院も少ないんですね。

はい。しかし、当院では2名の管理栄養士がおり、いつでも栄養相談ができる体制を整えています。

糖尿病の患者さんは症状によって制限内容も変わりますし、一般的な知識では悪化する可能性もありますから。
糖尿病は他の病気とは異なり、完治を目指すよりも上手に付き合っていくことが求められる病気なんです。
また、糖尿病のことをより理解していただくべく、3カ月に1回糖尿病教室を開催しています。マンツーマンで詳細に指導する個別指導と、患者さん同士が支え合うネットワークを生み出す集団指導を開催しています。

『顔の見える関係』だから、他院連携もスムーズ

糖尿病以外の治療も多いそうですね。

糖尿病以外の治療も多いそうですね。

甲状腺疾患、例えばバセドウ病や橋本病なども内分泌系疾患専門医の資格を持っていますので、安心して受診していただけます。甲状腺エコーも院内で随時行いますし、難治性やがんが疑われる場合は神戸須磨病院と連携して、細胞診などの精密検査をスムーズに実施できる体制があります。

他院との連携も重視しておられますね。

他院との連携も重視しておられますね。

開業するまで9年間勤務していた市立川西病院は、顔見知りの先生ばかりですから連携もスムーズです。
また、予約システムも連結していますので、当院から検査予約や入院依頼などを行うことができます。

他にもベリタス病院、市立池田病院、協立病院などとも連携しています。

最後にひと言お願いいたします。

当院では糖尿病の指標であるHbA1c値を院内検査でき、当日中に検査結果を出したり、検査で早急な対応が必要な場合は電話連絡するなど、迅速な対応を心がけています。
糖尿病だと言われたが、どうすれば良いか分からない、食事療法をしなさいと言われたがどうすれば良いか分からないという方は、ぜひお気軽にご相談ください。

pagetop